Enjoy Life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産 三重津海軍所跡

九州も梅雨が明け

梅雨明け最初のツーリングは

世界遺産になりました、佐賀県の三重津海軍所跡


暑いので山越えで向かいます。

山は涼しくて良いですが、山を下りると暑いです。

一時間強で世界遺産へ・・・近い!

CIMG5618_convert_20160725205829.jpg

CIMG5617_convert_20160725205921.jpg

何も、案内が無いと、河川敷公園にしか見えませんね^_^;

CIMG5620_convert_20160725205759.jpg

CIMG5619_convert_20160725210021.jpg

建物の三階からの全貌

全貌を確認したので二階の受付で

スコープを借りて、河川敷を歩きます。

五か所のチェックポイントでスコープを覗くと

当時の風景と説明が流れます。


五か所のチェックポイントを見終えて

再び、建物に戻り、一階にあります

当時の画像が見れるカプセルに座ります。

CIMG5623_convert_20160725205714.jpg

ちょっと酔いそうになりましたが、楽しめました。


対岸は、再び福岡県なので橋を渡り

家具で有名な大川市へ

一軒の家具店で家具を見た後、隣の柳川市へ

CIMG5630_convert_20160725205640.jpg

情緒あって良い雰囲気、癒されます^_^

CIMG5631_convert_20160725205614.jpg

天気が良いので、日傘を被られてました。


日本庭園を見ながら、少々休憩した後 帰宅!

CIMG5632_convert_20160725205526.jpg

スポンサーサイト

NC750X(2016)インプレ

28年、3月31日に手元に来たNC750X

菫オ螻ア貂ゥ豕峨ヤ繝シ+(50)_convert_20160604234203


二か月で約、2千キロ乗りました。

個人的に感じたインプレを書きたいと思います。

前車がFZ1なので、それとの比較になります。



まず最初に、買う時に気になってた速さについて

分かってましたが、速くないです。

1速、2速が全く伸びません。

0-100キロ加速だと

1速、2速で引っ張って3速でやっと100キロに到達って感じです。

頑張ってる感が凄くあります。

FZ1は、1速で100キロ以上に達する伸びのある加速でしたので

NC750は、気持ち良い加速感はないです。

良いように言ったら、使い切れるパワーですが

個人的には大型バイクの余裕が感じられず物足りないです。

回して乗る乗り方をすると、不満に思ってくるかな。

トルクでマッタリ走るバイクと思って買ったので、問題ないですけど。


速くはないけど、トルクがあるので遅いって感じはしませんが

大型バイクとしては、遅いのかな!

勿論、マッタリ走る上においてはトルクがあるので、パワーに不満は全くないです。


エンジンがディーゼルみたいなので

個人的には、2千キロ回転位で鼓動を感じて走るのが楽しいです。


次に足回りですが、まだ、あたりがついてないのか

路面のギャップを拾って、乗り心地は良いとは思いません。


安定感については、接地感が低くドッシリ感に欠けます。

その分、軽快感は凄くあります。

タイヤの細さ、タイヤパターンがオフっぽいところ、

サスの追従性が影響してるのかな。

安定感がないと言うわけではないのですが・・・


ギヤに関しては、4速だと40キロ以上

5速で50キロ以上、6速だと60キロ以上って感じです。

大型の4発だと、40キロ出てれば6速でいけますので

マッタリ走ってると4速、5速、6速を頻繁にチェンジしてしまいます。





次に、気に入ってる部分

先ず、マッタリ走っても楽しいです。

FZ1は、車の後ろを走ると、もどかしく感じてましたが

NC750は、もどかしく感じません。


アイポイントが高く、見晴らしが良いのは気持ち良いです(STD)


車重は、FZ1と同じくらいの220キロですが

重心が低く、ハンドル幅があり、ハンドルの切れ角も大きいので

取り回しは、凄く楽です。


足バックも押しかけも問題ないです。

知らない道を探索するにも、躊躇なく入って行けますし

前車のTMAXみたいな日常の足としても気楽に使えます。



オフっぽい形をしてるのも伊達じゃなく

スタンディングが凄くやり易すく

少々のフラットダートだと、何の不安もなく走れます(オフっぽいタイヤが大きいのかな)


軽快感がありますので、バイクがペタペタ簡単に寝てくれます。

リーンアウトが凄くやり易く、ヘアピンカーブを曲がるのが凄く楽だし、楽しいです。

低速コーナーなら、個人的にはNC750の方がFZ1より速く走れるし楽しい。

オフっぽいタイヤですが、端っこまで使っても全く不安感はなく

低中速コーナーは楽しいです。

低重心のバイクって、乗りやすいですね。


FZ1に乗る時は、パンク修理キットを持っていくために

タンクバックを付けて行ってましたが

NC750は、タンクが物入れになってますので

タンクバックを持って行かなくてもいいし、鍵もかかりますので凄く便利です。

少々のお土産も入りそうです^_^


燃費は、マッタリ走ればリッター30キロ以上走れ

14リッターと少ない燃料タンクですが、燃費が良いから全く問題ないですね。

330キロ前後で点滅しますが、400キロは走れそうです。


タイヤの空気穴が、横向いてますので、スタンドで空気が入れれて

便利だなと思います。これからは、L型のアダプターを持ち歩かなくて済みそう。


所有感にも欠けるし、個人的にはカッコ良いとは思いませんが

道具としてみた時は、凄く良いバイクだと思ってます。

JA110カブの750ccバージョンみたいなバイクすが

買って良かったなと思います。

これからは、このバイクにあった乗り方をしていこうと思います^_^

菫オ螻ア貂ゥ豕峨ヤ繝シ+(117)_convert_20160604234059



山口ツーリング

5月14~一泊で俵山温泉ツーに行く予定でしたが

諸事用で日帰りに・・・


温泉も入りたいし、ガッツリ回りたいので

5時に自宅を出発!

今回は、R3でひたすら門司を目指します。

門司港で休憩し、空気の悪い関門トンネルを

息を止めて通過します(途中で息づきしますが^_^)


地方道34から国道491~再び34、38で俵山温泉へ

国道491は、これ本当に国道と言う位 酷道です。

走っててマスツーで走ったのを思い出しました。

知ってれば、この道を選択することはなかったのに^_^;


自宅を出て、9時に俵山温泉に到着

CIMG5539_convert_20160515185934.jpg

車が一台通れるくらいのメイン通り!

凄く情緒があってきてよかったです。

CIMG5558_convert_20160515190238.jpg

早朝出発してメッシュにインナーなので寒くて

着いてすぐに温泉に入りました。

入ったのは町湯

CIMG5563_convert_20160515190327.jpg

温泉は、ヌルヌルして熱くもなく良いんですが

情緒が全くなく、凄く残念です。


冷えた体が温まったの散策

木造三階建の味のある建物ですね

もう営業はされてない感じです。

CIMG5549_convert_20160515190122.jpg

そして、今回泊まる予定だった京家へ

CIMG5540_convert_20160515190033.jpg

良い感じです。

でも、玄関先に目立つ自販機は^_^;

散策後は、もう一つの温泉場所でソフトクリーム

CIMG5564_convert_20160515190402.jpg

俵山温泉は、何処の旅館も内湯がありませんので

二か所ある外湯に行くしかありません。

街並みが情緒があるのに、

お風呂がどちらも情緒がないのが個人的には残念な所です。


俵山温泉を後に青海島方面に走ってると

川の中から木が生えてるのでバイクを止めてみました。

CIMG5565_convert_20160515190443.jpg

再び青海島へ向けて走ります。

途中、長門湯本によります。

CIMG5567_convert_20160515190605.jpg

木造駅舎って良いですね~

入りたかった町湯も良い感じ

CIMG5573_convert_20160515190642.jpg

今度来た時には入りたいですね^_^


湯本を後に、懐かしい青海島へ

最初に行きたかった場所は、20年近く前に行ったキャンプ場

CIMG5578_convert_20160515190800.jpg

殆ど変ってなくて、懐かしく当時を思い出しました。


キャンプ場から下りてくると

天の橋立にもちった、波の橋立が

CIMG5576_convert_20160515190722.jpg

死ぬまでには、天の橋立にも行ってみたいですね。


キャンプ場の後は、青海島と言えば別名、海上アルプスですが

今回は時間ないのでパス

向かったのは、クジラ資料館

キャンプに来た時に訪れたことあるんですが

記憶に全く残ってませんでした。

今回はクジラの墓にお参り

CIMG5583_convert_20160515191029.jpg

この看板の上に、墓石があります。


お墓参りをした後、青海島の入り口にあります定食屋へ

注文したのは、海こう丼

CIMG5587_convert_20160515191102.jpg

有名人も、沢山きてたし期待したのですが

魚好きの僕的には、感動するものは全くありませんでした。


お腹もいっぱいになり、川尻岬へ行こうとしましたが

今回パスして、元乃隅稲荷神社と龍宮の潮吹きへ

CIMG5589_convert_20160515191147.jpg

CIMG5591_convert_20160515191218.jpg

沢山の鳥居が並んでて凄い!

CIMG5595_convert_20160515191254.jpg

この一枚ものの岩も圧巻!

肝心の潮は、今の季節は見ることが出来ませんでした。


最後は、山口と言えば角島ですよね^_^

CIMG5600_convert_20160515191527.jpg

天気が良いと、半端なく海が綺麗!

この橋の造形美も何回見ても美しいですね


時間も良い時間になったので帰路につきます。

R191から地方道40で下関へ

下関から高速に乗って、5時に無事帰宅


本日の走行距離 442キロ

高速に乗るまでの燃費 31キロ


長崎半島ツーリング

GW、橋が架かった伊王島に行く事にしました。

伊王島は以前、船で行った事はあるんですが

どんな橋が架かったか楽しみです。



長崎は遠いイメージがありますので早めの7時に出発!

川久保線、R207、有料道路で伊王島へ

伊王島に架かった橋は、想像してた物とは違って

写真も撮らず(^_^.)

橋を渡ると、子供ペイロンが練習してました。

CIMG5488_convert_20160506192132.jpg

次は伊王島の海水浴場

CIMG5489_convert_20160506192248.jpg

綺麗な海を見てから、伊王島灯台へ

CIMG5495_convert_20160506192431.jpg

可愛らしい灯台です。

灯台の側にあります展望台からの景色、絶景

CIMG5498_convert_20160506192516.jpg

伊王島記念館を見たのち

大明寺教会へ

CIMG5508_convert_20160506192605.jpg

教会から島を一周して馬込教会へ

CIMG5509_convert_20160506192701.jpg


以前、伊王島を訪れた時はバスツアーで灯台しか見れませんでしたが

今回はバイクなので、島を探索出来ました^_^

NCは、どんな道に入って行ける、旅バイクで良いです。


伊王島まで来ましたので、ちょっと足を伸ばして

世界遺産になった軍艦島を陸から見る事に!

CIMG5516_convert_20160506192813.jpg

左の島が軍艦島(端島)

デジカメを最大望遠にしても、小さい^_^;

CIMG5513_convert_20160506192848.jpg

CIMG5518_convert_20160506192942.jpg


無料の双眼鏡が

夫婦岩の展望台と軍艦島資料館の展望台にありますので

迫力ある光景が見れました。


ここまで来たので

大ウナギに挨拶に行く事にします。

CIMG5522_convert_20160506193102.jpg

デカイですね~

CIMG5526_convert_20160506193033.jpg

頭の直径は軽く10センチオーバー

長生きしてもらいたいですね。


大うなぎの飼育場所の隣にレストランが出来てましたので

遅め昼食を取ります

長崎と言えばトルコライス

CIMG5525_convert_20160506193129.jpg

ボリョームあり、美味しかったです^_^


ここまで来たので樺島の灯台を見に

CIMG5527_convert_20160506193214.jpg

フェンスがあって近寄れなく寂しですね~


灯台を後にして、長崎半島にありますキャンプ場を見学して

良い時間なので帰路に着きました。



帰り際、渡りかった女神大橋を下から眺めました。

CIMG5531_convert_20160506193253.jpg


今度来るときは、橋の上からの景色を楽しみたいですね。




207沿いのの道の駅で休憩しただけで

CIMG5532_convert_20160506193342.jpg

佐賀から高速に乗って19時30分に無事帰宅出来ました。


本日の走行距離  432キロ

佐賀で点滅になって、給油しましたが

点滅しても100キロ近く走れそうなので

ノン給油でも、ギリで帰宅出来たかも(石橋叩く人間なのでしませんが)


我慢の3000回転縛りの慣らし運転中なので

リッター32キロの燃費・・・凄いですね!



竹の子コンサート

竹の子山をお持ちの地主さんが

毎年開催してます竹の子コンサートに

お招き頂き行ってきました。


取り立ての竹の子と10割蕎麦、そしてコンサート!

竹の子は、食べれないので、蕎麦とコンサートが楽しみ!


アマチュアの方のバンド演奏があったのち

三味線で有名な方の演奏

生で初めて聞いた三味線は迫力満点で感動しました。


そして最後に、プロの方の歌

KIMG0267_convert_20160502074359.jpg

僕も6月に結婚式で演奏しますので、サックスの演奏は勉強になります。


コンサートが終わると楽しみの10割蕎麦!

KIMG0260_convert_20160502074326.jpg

見た目は、僕の打つ蕎麦と変わりませんが

食べると、美味しさが違います。

やってる事も、ほぼ同じなのに味が違うのは

蕎麦粉の問題かな・・・


蕎麦と一緒に頂いたのが、かっぽ酒

KIMG0257_convert_20160502074109.jpg

竹の器で食べて飲む、お蕎麦に かっぽ酒

凄く美味しかったです!


自然の中で聴く音楽にお蕎麦にお酒

凄く癒されて楽しい時間を過ごす事ができました。

音楽って良いな~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。