Enjoy Life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NC750X(2016)インプレ

28年、3月31日に手元に来たNC750X

菫オ螻ア貂ゥ豕峨ヤ繝シ+(50)_convert_20160604234203


二か月で約、2千キロ乗りました。

個人的に感じたインプレを書きたいと思います。

前車がFZ1なので、それとの比較になります。



まず最初に、買う時に気になってた速さについて

分かってましたが、速くないです。

1速、2速が全く伸びません。

0-100キロ加速だと

1速、2速で引っ張って3速でやっと100キロに到達って感じです。

頑張ってる感が凄くあります。

FZ1は、1速で100キロ以上に達する伸びのある加速でしたので

NC750は、気持ち良い加速感はないです。

良いように言ったら、使い切れるパワーですが

個人的には大型バイクの余裕が感じられず物足りないです。

回して乗る乗り方をすると、不満に思ってくるかな。

トルクでマッタリ走るバイクと思って買ったので、問題ないですけど。


速くはないけど、トルクがあるので遅いって感じはしませんが

大型バイクとしては、遅いのかな!

勿論、マッタリ走る上においてはトルクがあるので、パワーに不満は全くないです。


エンジンがディーゼルみたいなので

個人的には、2千キロ回転位で鼓動を感じて走るのが楽しいです。


次に足回りですが、まだ、あたりがついてないのか

路面のギャップを拾って、乗り心地は良いとは思いません。


安定感については、接地感が低くドッシリ感に欠けます。

その分、軽快感は凄くあります。

タイヤの細さ、タイヤパターンがオフっぽいところ、

サスの追従性が影響してるのかな。

安定感がないと言うわけではないのですが・・・


ギヤに関しては、4速だと40キロ以上

5速で50キロ以上、6速だと60キロ以上って感じです。

大型の4発だと、40キロ出てれば6速でいけますので

マッタリ走ってると4速、5速、6速を頻繁にチェンジしてしまいます。





次に、気に入ってる部分

先ず、マッタリ走っても楽しいです。

FZ1は、車の後ろを走ると、もどかしく感じてましたが

NC750は、もどかしく感じません。


アイポイントが高く、見晴らしが良いのは気持ち良いです(STD)


車重は、FZ1と同じくらいの220キロですが

重心が低く、ハンドル幅があり、ハンドルの切れ角も大きいので

取り回しは、凄く楽です。


足バックも押しかけも問題ないです。

知らない道を探索するにも、躊躇なく入って行けますし

前車のTMAXみたいな日常の足としても気楽に使えます。



オフっぽい形をしてるのも伊達じゃなく

スタンディングが凄くやり易すく

少々のフラットダートだと、何の不安もなく走れます(オフっぽいタイヤが大きいのかな)


軽快感がありますので、バイクがペタペタ簡単に寝てくれます。

リーンアウトが凄くやり易く、ヘアピンカーブを曲がるのが凄く楽だし、楽しいです。

低速コーナーなら、個人的にはNC750の方がFZ1より速く走れるし楽しい。

オフっぽいタイヤですが、端っこまで使っても全く不安感はなく

低中速コーナーは楽しいです。

低重心のバイクって、乗りやすいですね。


FZ1に乗る時は、パンク修理キットを持っていくために

タンクバックを付けて行ってましたが

NC750は、タンクが物入れになってますので

タンクバックを持って行かなくてもいいし、鍵もかかりますので凄く便利です。

少々のお土産も入りそうです^_^


燃費は、マッタリ走ればリッター30キロ以上走れ

14リッターと少ない燃料タンクですが、燃費が良いから全く問題ないですね。

330キロ前後で点滅しますが、400キロは走れそうです。


タイヤの空気穴が、横向いてますので、スタンドで空気が入れれて

便利だなと思います。これからは、L型のアダプターを持ち歩かなくて済みそう。


所有感にも欠けるし、個人的にはカッコ良いとは思いませんが

道具としてみた時は、凄く良いバイクだと思ってます。

JA110カブの750ccバージョンみたいなバイクすが

買って良かったなと思います。

これからは、このバイクにあった乗り方をしていこうと思います^_^

菫オ螻ア貂ゥ豕峨ヤ繝シ+(117)_convert_20160604234059



スポンサーサイト

ハーレー試乗会

ハーレーのスイッチバックに乗ってみたくて

ハーレーの試乗会に志賀島に行ってきました。


会場に到着して試乗車を見てもスイッチバックがありません(涙)

スイッチバックの試乗車もありますって言ってたのに・・・

試乗車は、変更になることもあるって言ってましたので仕方ないです。


今日の試乗車は、この4台

CIMG4844_convert_20140923163244.jpg

1200ccが2台と1580ccが2台



4台、全て試乗させて頂きました^_^

CIMG4845_convert_20140923163500.jpg


CIMG4852_convert_20140923163537.jpg


CIMG4853_convert_20140923163436.jpg

一番、楽しかったのは、この1580cc

CIMG4855_convert_20140923163348.jpg


ハーレーは、以前、自動車学校の敷地内での試乗会で乗ったことあったんですが

会場が狭くて、ハーレーの良さを知る事が出来ませんでした。

しかし、今回は、島を一周出来るコースで、ハーレーの良さを知ることが出来ました。

良いな~って思った所は

何と言っても、トルク感! 特に1580ccのトルク感は、60キロ前後でも

凄く楽しいです。

コーナーも、楽しくてビックリ!

直線も楽しく、コーナーも楽しいし、スピードを出さなくても

楽しいって、ハーレーにハマる人の気持ちが少しわかった感じがしました。

重さも、低重心だし、足つきも、膝が曲がるくらのべた足なので

気になりませんでせんでした。



ハーレー凄く良いな~って思いましたが

まだまだヤンチャなので、4発の伸びのある加速

深いバンク角、強力なブレーキ、安定性などに魅力を感じてますので

まだまだハーレーに行くのは先になりそうですが

歳とって落ち着いたらハーレーに乗りたいと思います^_^


NC700X試乗

以前から気になってたNC700Xを

先日、試乗してきた、ド素人のインプレ!

Nc700s


手続きをしNC700Xのもとへ


一番先に目がいったのが、タンクが荷物入れになってたこと。

貴重品、チョットした物は入りそうで、良いな~って・・・

でも、フルフェイスは厳しそう~


早速、シート高83センチに跨ってみると

全く問題ないです(股下80センチ)

両足の爪先が付けば大丈夫って言う人なので^_^;


車重も214キロあるみたいですが

低重心なのか、軽く感じます。


ポジションは、ハンドル幅が広く殿様乗りのユッタリした感じ。

長距離ツーリングも楽そう~



それでは、鼓動感を感じると言うエンジンに火を入れます。

メッチャ静かなエンジン音。


1速に入れ、試乗コースへ


大型バイクらしい、安定感。

シングルディスクですが、不満のないブレーキ。

コーナーを曲がるときは

幅広に感じるハンドルに違和感を覚えますが

慣れの問題でしょうね。


鼓動を感じると言うエンジン

6速で走ると鼓動らしき物を感じます。

ギヤ比が高そうで、60キロ位出さないと6速は厳しいですが

その分、燃費が良いんでしょうけど・・・



でも、気になる点が

1速、2速は直ぐレブリミッターが効き

つんのめるみたいになります。

ギヤをポンポンポンと換えていけばいい事だし

遅いって訳じゃないんですが

大型バイクらしいパワー感に欠けます。

リッタークラスのツーリングだと

レブリミッターが頻繁に効きそうです。


700ccの50馬力だから仕方ないですが

特に4発のリッタークラスを乗ってる人には物足りなさを感じるのかなと・・


エンジンを そんなに回さなくて

マッタリツーリングを楽しむには

65万で買え、リッター30キロを超える燃費は

やはり魅力的なバイクですね。



2012 新型TMAX

4型になる新型TMAXの発表

2012yamahatmaxabseucompetitionwhite.jpg

この角度からだと、3型と そんなに変わってないような・・・

フロントグリルが、昔のフォルッツァに似てる様にも見えます^_^;


変更箇所は、チョコチョコあるみたいですが、

僕が気になっていた変更箇所は

排気量と、トランスミッション

2tmax-2bdd.htm


排気量は1型から3型まで守り抜いてきた500ccから、僅か30ccアップの530cc^_^;

僕のTMAXは2型、0~60キロは、モッサリ感があり

本気攻めすると、全体的にパワー不足でストレスを感じてたので

排気量アップを期待していただけに残念です。


他社のスクーターを見ると、ホンダは600cc 

今度出るインテグラは700ccにアップ

スズキは650cc

海外メーカーだとGP800の839cc(75馬力)

今度BMWから出るスクーターは640cc(60馬力)

530ccのTMAXの排気量は中途半端に感じてしまいます。



馬力もアップしたと言っても、45馬力位

スポーツ性を強調してる割には、強調してない他社に比べて非力過ぎますね。

コーナリング性能が良い分、残念な部分です。

排気量、馬力だけが全てではないですが、あるに越したことはないですから・・・



トランスミッションもVベルトのまま

スポーツ性を強調してるのだから

NC700Xみたいに、ツインクラッチだったら良かったのにと・・・



今までのTMAXに比べると、全てにおいて進化してると思いますが

劇的な進化は期待できそうにないです。

個人的には3型になったときも思いましたが

代わり映えしないな~と・・・


荷物もメット一個、同じ1個だったらNC700Xと変わりません。

NC700Xは、好き嫌いあると思いますが、デザインも斬新だし

前後17インチでツインクラッチ

オートマで買い変える時は、NC700Xを選びます。



TMAXも750cc位でツインクラッチだったら、魅力を感じたと思いますが・・・



KTM125 ディアベル試乗

3連休は台風の影響で今一の天気

バイク7でKTMの試乗が出来るとの事で行ってきました。


雨が降りそうな天気なので、人、少ないです。


一番乗りで、KTM125DUKEを試乗

CIMG1800_convert_20110919120200.jpg

街中の試乗でしたが、125ccなので1~3速まで、全てレッドゾーンまで入れました。

1速で約40キロ、2速で約60キロ、3速で約78キロでした(6速ミッション)

トルクは細いですが、ぶん回せるから楽しいです(もう少しトルクが欲しい)


何より、驚いたのがフレームの強度、そしてブレーキにサス!

エンジンが物足りない位に感じるほど車体の作り・・・素晴らしいです。


メーターも、ギヤポジに瞬間燃費も出ます。

ただ、タコメーターがデジタルだし、見にくいのが少し残念に感じました。


各部のパーツも質感高いし、45万の値段は納得できます。



ついでに、ドカのディアベルにも試乗しました。

CIMG1799_convert_20110919120222.jpg

リヤタイヤ、240の太さが只者ではないオーラをかもし出してます。

早速、試乗

車体軽いし足つきも良いです(足つきの悪いバイクが好きですが)

走り出せば、怒涛のトルク・・・凄い!

見て目によらず、コーナーも軽快に曲がってくれます。

ただ、エンジンの熱、半端なく暑いです(T_T)


キーは、車ではメジャーになってきたスマートキー

便利ですね~


このバイクにもギヤポジが付いてます。

今、何速に入ってるか一目瞭然

幻の7速に入れることは無くなるでしょう~



今回、初めて、KTMのバイクに乗りましたが、出来の良さに驚きました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。