Enjoy Life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロブナーのリガチャー

ヤナギサワのメタルを吹いてると

やはり、少し耳障りな音が気になり(作った人すみません)

リガチャーを変えることにしました。


柔らかい音にしたかったので

革のリガチャーが良いのかと思い捜しましたが

値段に負けて、ロブナーのビニールのリガチャーに

KIMG0121_convert_20160317123705.jpg


箱の中身は、リガチャー、キャップ、取説


吹いた感じは、メタルらしさを残しつつ

角が取れた柔らか音になり

思ってた通りの音に近づけました。

KIMG0122_convert_20160317123736.jpg





リガチャーも、これで、5個に増えました(三つは、付属品)

KIMG0123_convert_20160317123757.jpg

左から、サックス付属品、メイヤー付属品、ウッドストーンのメイヤー用金メッキ、ヤナギサワ付属品、ロブナー


マウスピースは3本

KIMG0124_convert_20160317123815.jpg

左から、サックス付属品4C メイヤー5 ヤナギサワメタル6です


それぞれ、吹いた感じが違うので

楽しいですね!


スポンサーサイト

ヤナギサワメタル6

久しぶりにサックス関係の商品をポチしてしまいました。

ヤナギサワのメタルマウスピース6です。

KIMG0111_convert_20160313185114.jpg

プラスチックケースの中身は

マウスピース本体 専用リガチャー キャップの3点が入ってます。

アマゾンで6千円引きだったので、思い切りましたが

それでも約2万7千円・・・高過ぎますね(作った人スミマセン)


持った感じは、ズッシリ感があって良い感じです。


教室に通ってるとき、メタルマウスピースを試奏させてもらったことあるんですが

咥えた感じも細くて、音を出すのが難しくて、音はパンチがあって好きだったんですが

初心者には厳しいと諦めてました。

しかし、もうサックス初めて4年以上経ち、知人のメタルを吹かせてもらったら

凄く吹き易く感じ、吹けると思いメタルに手を出そうと!


メタルを選択するときに、ポイントは

個体差が少なく、吹き易さで定番のある国産メーカー、ヤナギサワにしました。


吹いた感想ですが、凄く吹きやすい

下から上まで、きっちり音が出ますね。

自分が上手くなったのか、マウスピースがいいのか?

まっ、どちらもかなと思います(4年吹いてたら多少は上手くなりますから)


音的には、嫌いな音ではないのですが、

家の中だと、少し金管楽器みたいな音で五月蠅いです。

家の中で吹くうえでは、メイヤーの5番の方が、柔らかい音で好きですね。

外で吹くと、また、感想が違うと思いますので、今度屋外に吹きに行こうと思います。



レジェールリード

サックスを始めて3年半!

練習に使ってるのが樹脂製リード。

今使ってる樹脂製リードは、レジェールのシグネチャーの2,5

天然の物と比較すると、常に安定して鳴ってくれます。

天然の物の良くなるリードには音的にはかなわないですが

天然の物は、鳴るのが少ないので、鳴らないリードに比べれば

樹脂製のリードの方が鳴り、練習には何も考えずに使えるので気に入ってます。


しかし、ちょっと初心者の僕には固いかなと思い

同じメーカーのスタジオカットの2を試すことにしました。

CIMG5245_convert_20150531211421.jpg

シグネチャーと比較すると、透明度が違いますね。

CIMG5246_convert_20150531211443.jpg

吹いた感じでは、音的には素人の僕には良く分かりません^_^;

薄くなった分、吹き易くて長時間の練習が楽になりました。

マウスピースはメイヤーの5番



サックスソフトケース インプレ

9月の中旬より、サックスの教室を違う所にしました。

今度の所は、ショッピングセンターの中の楽器店の中にある教室。

もう2回、レッスンを受けたのですが

駐車場から教室までが遠く、サックスを買った時付いてた

ハードケースだと重くて、軽い物をと思いネットで購入しました。

CIMG2766_convert_20120920191341.jpg

ケースの表側、安っぽい^_^;

CIMG2774_convert_20120920191215.jpg

ケースの裏側、背負えるようになってます(外せません)

CIMG2773_convert_20120920191241.jpg




買うとき、全体像の写真だけしかなかったので一抹の不安があったのですが

箱を開けて見たら、不安が的中(T_T)

CIMG2771_convert_20120920190648.jpg

ファスナーが全開にならないし、中も起毛が付いてません(T_T)


早速サックスを入れてみると、入れにくいし出しにくいし、

出し入れする時、ファスナーで傷付きそうだし・・・

CIMG2772_convert_20120920190604.jpg

ネックとマウスピースは、傷がつきにくい材質の袋に入れるようになったます。

CIMG2768_convert_20120920190956.jpg

CIMG2767_convert_20120920190905.jpg

この二つの袋を、バックの表のポケットへしまいます。

CIMG2769_convert_20120920190824.jpg

ポケットな中には、蓋つきのポケットと網のポケットが付いてます。



ドイツのメーカーだったので、ちょっと安心感はあったのですが

僕的には、使い勝手は、かなり悪く感じました。

でも、重さが950gしかなく、ハードケースは3.2Kありますので

かなり軽く、この点だけは嬉しいです^_^



アルトサックス本体が2.6Kなので

持った時の重さは、体感的には半分位に感じますので

教室までが楽になりそうです。




新しい教本

今年になって始めたサックス

早いもので、半年近くになりました。


2冊の教本で練習してたんですが

チョット飽きてきたので

新しい教本を2冊、買い足しました。

CIMG2503_convert_20120616153904.jpg

ところが、表紙は別物なのですが中身は、全く一緒(T_T)

値段は1,000円位違うのに・・・

事情を話すと、返品に応じて頂きましたが・・・



今までは、本は、殆ど使わずDVDで練習

CIMG2508_convert_20120616154103.jpg



新しく買った本はDVDと本を併用するタイプなので

譜面台とメトロノーム買いそろえました。


メトロノームは、ヤマハのTDM-70(数字が900だとバイクですね)

CIMG2501_convert_20120616153825.jpg

チューナーも付いてます。


譜面台はK&M

CIMG2524_convert_20120616154804.jpg

CIMG2523_convert_20120616154849.jpg

流石ドイツ製、作りがしっかりしていて

教科書を3冊載せても安定してます。

高さ調整も、椅子に座って吹く高さから

立って吹く高さまで無段階に調整出来ます。



ついでにポチっとしたのが

サックススタンド

CIMG2507_convert_20120616154717.jpg


今までは、テーブルに置いてましたが

こっちの方が、楽器の為には良さそうだし

何より、見栄えも良いし・・・



梅雨のバイクに乗れない日は

自宅で出来るサックスは良いですね。


始めた1ヶ月位で簡単な曲は棒吹き出来るようになったんですが

最近は、歌を歌うイメージで吹くように心がけてます。

その分、基礎練習が疎かになってますが・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。