Enjoy Life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの蕎麦打ち

11日、12日は生憎の雨、暇です。

昨日食べに行った蕎麦が今一だったので、今日は久しぶりに蕎麦を打つことに


昨日の蕎麦が少し太かったので、今回は細目に切りました(200g)

CIMG1588_convert_20110612153343.jpg


蕎麦には天ぷらが合うと思ってますので、嫁に作ってもらいました。

CIMG1589_convert_20110612153502.jpg

天ぷらと蕎麦合いますね~

天ぷらもカラッと揚がって美味しいです。

天ぷら粉を水ではなく、炭酸水で溶けばカラッと揚がるみたいです。


勿論、ビールと刺身も・・・


そのあとは、大好きな生ハムを頂きます。

CIMG1595_convert_20110612153534.jpg

安物ワインに生ハム、美味しい~


ランチョンマットの下に見える茶色いものはワンコの頭!

テーブルの下がお気に入りです^_^

CIMG1587_convert_20110612153751.jpg

親バカですが、可愛い~~~


家にいるとお酒ばかり飲んで不健康^_^;


梅雨の晴れ間を期待するばかりです。


スポンサーサイト

蕎麦道具

3連休は天気が・・・

暇ですね~


久しぶりに蕎麦を打つ事にします。

今年2回目!


僕が使ってる道具の紹介から


先ずは蕎麦を練る鉢です。

CIMG1133_convert_20110212135230.jpg

36センチ、500グラム(5人前)まで練れます。


練った蕎麦を伸ばす麺板。

CIMG1142_convert_20110212135340.jpg

200グラムが限界・・・家庭用キッチンなので仕方ないです(T_T)


伸ばす麺棒は

CIMG1147_convert_20110212135556.jpg

上から28ミリの600ミリ、33ミリの400ミリ、35ミリの600ミリ

一番下の網が、茹で上がった蕎麦を上がるザルです。

僕は手が大きい方なので35ミリが使い勝手が良いですね。


伸ばした麺を切る包丁

CIMG1139_convert_20110212135303.jpg

刃渡りは、小さい方が21センチ、大きい方が33センチあります。

重さは小さい方が220グラム、大きい方が920グラムあります。

大きい包丁を買ってから、蕎麦切りが楽になりました。


麺を切るとき使う、こま板

CIMG1146_convert_20110212135524.jpg

取ってがあるものと無い物ですが、僕は取ってがある方が使いやすい感じがします。


包丁、こま板とくれば、まな板ですね。

CIMG1143_convert_20110212135413.jpg

材質はヒバの木で、手前に滑り止めの木をL型につけてます。


後は、大きめの鍋、水切りザル、デジタル計りです。


そして打った蕎麦は

CIMG1148_convert_20110212135633.jpg

ざる蕎麦、とろろ蕎麦、かけ蕎麦です。

全部で300グラムの蕎麦を打ちました。


お昼からビールを飲みながら頂きました。


月1ペースなので、素人域から抜け出せないです^_^;




蕎麦打ち

金、土、日と、お昼は手打ち蕎麦!

土日は、自分で打ちました。


日曜日打った蕎麦

北海道産の蕎麦粉の10割蕎麦です。

CIMG0373_convert_20100524221553.jpg

蕎麦に天婦羅いいですね~


土曜日は天婦羅メインだったんですが

日曜日は大好きな山芋と、ワサビで食べました。


どちらも蕎麦に合いますね~





年越し蕎麦

今年も残す所、数時間になりました。

例年のごとく、10割蕎麦を打つことに



先ずは、北海道産蕎麦粉300グラム(3人前)と水150グラムを計ります。

CIMG0408_convert_20091231192430.jpg

次は一番難しい水回し

CIMG0409_convert_20091231191130.jpg

なかなか上手くいかないけど、強引に練り上げます。

CIMG0410_convert_20091231192551.jpg

これを伸ばしていき、畳んでスパッと切ります。

CIMG0411_convert_20091231191310.jpg

CIMG0413_convert_20091231191448.jpg


後は美味しく頂くだけ

紅白(格闘技は録画で)見て蕎麦食べたら、今年も終わりです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。